言葉のレッスン

精神心理学

子どもの暴力(「怒り・嫌悪」の表現)を肯定する大人の暴力におとのねさんが心いためちゃった件

この記事は大人でも難しいかもしれない。 生徒が見たら、もっと難しいかもしれない。 だけど気持ちだけは伝ってほしい。 あなたにとって僕の「表現」は間違っているかもしれない。 けれども僕の「心」は間違っているだろうか。 僕はあ...
言葉のレッスン

子どもが沈黙する、日本の言語環境。空気読む(言葉が育たない)文化??

PISAで「無回答」が多すぎた問題。 大人のやましい沈黙。子どもの計画的不登校。 はっきりいいます。 (おとのねさんそこらへんはっきりしています) 休みない定期テストと外部模試、宿題、課題は、学校の生徒(自らを学畜と、進...
言葉の玉手箱

AI化する子どもたち

『AIに負けない子どもを育てる』新井 紀子 こんな本が出ているようだが。 そもそも子どもがAI化している、という視点を、オトノネのお母さんから聞いた笑 なるほどおもしろい言葉のつながりだなとおもって、オトノネを広げてみる。...
教育

いつまでたっても、小学生。

 こんな世の中で、体ごと死んでいる子もいる。 心が、殺される子もいる。 僕はそんな子どもたちの心を守って、一緒に遊びたいとおもう。 ======== とある本にこんなことが書いてあった。 ちなみにこの著者は、小...
現代文

小説と論説の違い。悪文とは何か。

小説と論説の違いは何か。 小説は、物語だ。 論説は、意見だ。 小説は具象を顕し、抽象を隠す。 論説は抽象を顕し、具象を隠す。 (荒々しく表現すると、そうなるとおもう) 小説を読むには、具象の中に抽象を見ること、 論...
オトノネの指導法

「本気」の「本」とはどんな意味か。【オトノネの座右の銘を解説】

「本気」の「本」ってどういう意味? 当たり前のことだとおもっていたけど、当たり前ではなかった話。 1回目の挑戦 「本気」の「本」はどういう意味かと生徒に聞いた。 よく伝わらなかった。 2回目の挑戦 「...
言葉のレッスン

【芸術と政治】映画『MOTHER マザー』と大西つねきさん

「れいわ新撰組、大変だね」 そんな話題を振ってくれた生徒がいる。 学校に行かないぶん、いろんなアンテナを張ってくれている。 で、「選別」という言葉はどうだったかとおもおうけど・・・ 僕は「命」をテーマにした大西さんの気持...
言葉のレッスン

【心ある言葉を届けるために】佐々木圭一『伝え方が9割(2)』

著者の佐々木圭一さんはこういっている。 1000回、今まで「ノー」と言われたものを「イエス」に変えることができたら人生変わると思いませんか? こうした一言が、相手の心に残るコトバをつくるのだろう。 ただこの方法が「...
言葉の玉手箱

【子育ての原理】フルーツバスケット

フルーツバスケット 子育ての原理の体現者?? 本田透さん アニメから、学ぶ。
現代文

ドラゴンフルーツは野菜か果物か。

木の全体の写真を私も初めて見た。 ドラゴンフルーツの美味しさは現地で感動済みだ。 ああ、木なんだ!とおもう。 こういう話から、輸出と輸入の話をしてもいいし、どれだけインドネシアの野菜がフルーツなのかを話してもいい。...
タイトルとURLをコピーしました