英語教育その1:富山県の英語力は全国2位?情報リテラシーを身につけよう。

北日本新聞2019年4月17日

背景知識がないとなかなか気がつきにくいが。

疑わしくは「教員の判断で認めたケース」という項目だ。

また英検準二級がどの程度の英語力か、疑わしい。準二級をとっているのに英語が全く読めない、できない高校生に出会うことがよくあるからだ(穴埋め問題の解き方を学び、英語の読み方を学んでいない生徒がほとんど)。(石川県の私立高校の特進クラスでは、大学受験の「模試」の過去問を研究し、「模試」で結果を出させているところもある。恐ろしい)英語力ではなく、英語検定試験力である。

国内外を含めたくさんたくさんの英語検定試験のレベルを俯瞰するための尺度に、国際基準「CEFR(セファー)」がある。これによると、英検準二級はA2(基礎の第二段階)であり、

日常の基本的な表現を理解して、簡単な会話のやりとりができるレベル。基本的な個人情報や買い物、地元の地理、仕事など、身近な話題については情報交換が可能。

なレベルだそうだ。本当だろうか?検定試験にもタテマエがある。

また、「公立」が対象であることに注意。つまり、「私立」にデキる生徒が集まる都市部についてはそもそも調査対象外ということだ。

富山県は教育県と言われ続け、みなそうだと信じているのが現状だ。お母さんたちは富山県の「ふつう」になろうとしてがんばる。うちの子を全国二位の英語力をもった富山県のスタンダードに!なんて考えていませんか?「うちの子が心配・・・」という不安な気持ちを高ぶらせるマスメディアの情報にご注意。

お母さんの焦りを、プレッシャーを、子どもは敏感に感じています。

オトノネひろげるシェアぼたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。