小学英語が始まってどうなったか。

小学英語が導入。
で、何が起きたか。

いいことが起きたか。
教育産業がビジネスを始められた。
それは、子供にとっていいこととは限らない。

とりあえず悪いことは起きた。
「小学校で英語が嫌いになる生徒が増えた」

英語が好きになるかどうか、英語が得意になるかどうかは、中学一年生のときにならう先生で決まる、という話を聞いたことがある。
一度置いて行かれたら追いつくことが難しい。

英語が嫌いになる学年が、中学生から小学生に下がった。
そういう話を聞く。
教育とは、やっぱり、教わる先生で決まるものなのだ。
とおもう。

評価の仕方はどうなっているんだろう。
今度聞いてみよう。
テストとか、学習態度とか、いままでと変わらないんじゃないか。
どうなっているんだろう。

それにしても、こういう記事を見ると、教育もビジネスになったとおもう。
オトノネはオトノネなりにやっていけばいいか!

オトノネひろげるシェアぼたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。