学習障害LDか、スローラーンなだけか。

学習障害児に対する指導について(報告)

文科省の資料だが。
古いなぁ。。。平成11年か。。

で、リンクのページの下の方に書いてある「学習障害の判断・実態把握基準(試案)」をみると

1  校内委員会における実態把握基準と留意事項

(1)  実態把握のための基準

A. 特異な学習困難があること

1 国語又は算数(数学)(以下「国語等」という。)の基礎的能力に著しい遅れがある。

・現在及び過去の学習の記録等から、国語等の評価の観点の中に、著しい遅れを示すものが1以上あることを確認する。この場合、著しい遅れとは、児童生徒の学年に応じ1~2学年以上の遅れがあることを言う。

小学校2,3年 1学年以上の遅れ
小4年以上又は中学 2学年以上の遅れ

なお、国語等について標準的な学力検査の結果があれば、それにより確認する。
・聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のいずれかに著しい遅れがあることを、学業成績、日頃の授業態度、提出作品、ノートの記述、保護者から聞いた生活の状況等、その判断の根拠となった資料等により確認する。

2 全般的な知的発達に遅れがない。

・知能検査等で全般的な知的発達の遅れがないこと、あるいは現在及び過去の学習の記録から、国語、算数(数学)、理科、社会、生活(小1及び小2)、外国語(中学)の教科の評価の観点で、学年相当の普通程度の能力を示すものが1以上あることを確認する。

ーーーーー

気が付いたこと

1:うん、まず、高校生の「学習障害」は考えられていない。
2:このページは「特別支援教育」の項目に含まれている。(ページの上に「トップ > 教育 > 特別支援教育 > 特別支援教育について > 資料(データ、通知、答申、報告書等) > 学習障害児に対する指導について(報告)」と書いてある)
3:中学生で二学年以上の遅れを持っている人は、半数いると思われる。(富山県の偏差値50とは、そういう意味だと僕は思っている)だから、半数は学習障害?

4:え?「二学年以上の遅れ」っていうことは、これは相対評価(テストの点数)ではなく絶対評価(指導要領の内容)ですね?いや、具体的に学校はどう評価しているのでしょうか。。。

2について。
学習障害の子は、特別支援学校に行けということでしょうか。

4について。
実際、「遅れている」「小学校サバイバル中」の子は療育センターで診断を受けるように言われたそうだ。
学校は評価のしくみを変えたり自分でちゃんと子どもをみる余力がのこっていない。

学習障害というものと、スローラーナーの違いが僕にはまだわからない。
ひとりひとり苦手得意な認知形態があるだけで、それで何が障害になるかわからない。

診断名について、考えてみました。
診断名とは何か。Human Disaster

オトノネひろげるシェアぼたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。