悲劇の舞台の上で踊る子どもたち

「学」という言葉が今の僕のテーマになっている。
人はなぜ学べないのか。
なぜ学ぼうとしないのか。
何が学びを阻害しているのか。
学べぬ人は、一生学べぬのか。

悪意と、どう関わればい良いのか。
悪意に満ちたこの世の中で。

「学び」が抑圧され、無視され、奪われ、殺されていくこの日本で。
「学び」が閉じ込められ、轡をはめられ、縛られている、この日本で。

ただただ、みんな、呑み込まれるのを、待っているのだ。
(飲み込まれるまで、踊るしかないのだろうか?せめて、この悲劇の中で与えられた、小さな小さな自分の場面だけは、自分を生きようと。

なぜ大川小学校だけが大惨事となったのか
大川小学校を襲った津波の悲劇・石巻
多くの児童らが犠牲に…大川小・遺族と卒業生が語る「失われた命の意味」

隠蔽、欺瞞、立場、ドロドロ。闇。別に悲観することでもない、これが事実。悪意。ショッカー。魔王。
そして会社によくあるパターン。
忙しく働いて、お金を稼いで、子供の魂を守れるかどうか。
習い事にいかせて、テスト勉強をさせて、子供の魂を守れるのか。


これは、学校だけの話ではない。
家庭でも同じだ。
会社でも同じだ。

「なぜ、18年間、逃げなかったのか」
「なぜ、過労死するまでやめられなかったのか」
「学校に行きたくない」という声
児童虐待・家庭内暴力・モラハラ・アル中の悲劇。あまりにも複層的な物語

「なぜ50分間逃げなかったのか」は明らかにならず 遺族が憤る大川小検証委・中間報告の内容
「山へ逃げよう」の大川小児童証言は“精査中”!? 教員の会話は「検証委とりまとめ案」に盛り込まれず
『津波の霊たち 3・11 死と生の物語』大川小学校の悲劇。あまりにも複層的な物語

大川小訴訟 「なぜ我が子が死ななくてはいけなかったのか」 その一点を求めて

オトノネひろげるシェアぼたん
READ  東京のプレイパーク訪問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。