愛とは何か?

たまたまおとのねさんの頭に浮かんだ言葉

ーー

愛とは

大切なものを大切にする知恵と、
知恵を身体化した振る舞いと言葉づかいの総称である。

情とは

心のエネルギーである。

愛なき愛情は、レバーなきニラレバのように、何かが足りていない。

大切にするとは、どういうことだろうか?

大切にするとは、尊敬するということだ。
一人の自立した、自発的な、意欲ある、創造的な、天の才を持って生まれた一人の人間であることを、認めることだ。

誤った知恵によって、大切なものを大切にできない人がいる。

それはニラだ。レバニラではない。

ーーーーー

愛とは

学び、身につけなければいけない他者への敬意である。

愛とは

ゆえに困難なものであるように、僕にはおもえる。

愛とは

直接、経験しなければ、学べないものである。

愛とは

ゆえに困難なものであるように、僕にはおもえる。

支配・暴力・管理・干渉が愛という名の下に公然と行われることがある。
ゆえに愛とは、困難なものであるように、僕にはおもえる。

ーーーーーーー

体が大きくなるほどに、自由が大きくならないなら、それは、愛ではない。
生まれ落ちて、ずっとへその緒で胎盤に繋がれたまま、死んでいく人もいる。

それは愛ではない。

へその緒が切れた瞬間から、その人は、あなたから、自由なのだ。

誤った知恵による愛を与えられた人は、へその緒がなくなった瞬間、エネルギー不足で、死んでしまうだろう。

へその緒を持ち歩くといいかもしれない。
その人は、もう、私とは、切れているのだと、いつでも感じられるように。

ーーーーーーーー

最近、おとのねさんが生徒のお母さんに教えてもらった記事。
子どもが自分の思い通りにならないといって、感情的になっているお父さん、お母さんに出会うことがある。

全く新しく在りなさい。自分の母親から学んだことは全て忘れなさい。

オトノネは、お子さんだけでなく、お母さんが学ぶ場所でもあります。

ーーーー

こちらはオトノネの宣伝です!

富山市の民間学童保育

ーーーーーー

どっかで拾った言葉

いつかは永遠に来ない!
大切にしたい人がいるなら
今すぐ思いを伝えよう!
失ってから後悔しないために…
 
大切にしたい人がいるなら、
大切にできる間に
大切にした方がいい。
 
仲良くしたい人がいるなら
仲良く出来る間に
仲良くしておいた方がいい。
 
人間なんて、
本当にふとしたきっかけで
二度と会えなくなったり
してしまうものだから。
 
驚くほど簡単にどこかへ
行ってしまったりするものだから

ーーーー

ここからは文体が変わります。

愛する能力は環境の産物であって、遺伝のせいではない。(先天的な「特性」「器質的欠如」はありうるとして)
愛する能力は、学ぶもの。

愛する習慣は伝わる。

なめられたり毛づくろいをしたりする頻度は母親から子どもに受け継がれる遺伝的な特性のようなものだろうか、とミーニーは考えた。おそらく神経質な母ラットはおなじ気質の子ラットを産み、そういう母ラットはなめたり毛づくろいをしたりする頻度も低いのだろうと思った。この仮説を検証するために、ミーニーと研究者たちは親をこう悪寒する実験を行った。高LGの母ラットから生まれた子ラットを生後すぐに引き離し、低LGの母ラットのケージに移した。その反対も行った。あらゆる組み合わせで実験をした。しかしどう入れ替えてどんな実験をしても結果は同じだった。問題は生物学上の母親の習慣ではなく、育てた母親の習慣だった。生まれてすぐのころになめられたり毛づくろいをされたりした心地よい経験を持つ子ラットは、そういう経験のない子ラットよりも勇敢で大胆に育ち、環境にもうまく適応した。生物学上の母ラットのLGの高低は関係がなかった。(『成功する子・失敗する子-何が「その後の人生」を決めるのか』p.67)

愛を知らずに育った人は、人生をかけて、愛を学ぶしかない。

オトノネひろげるシェアぼたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。