森のシンガーソングライター山田証さんと出会う。

どうしてか忘れてしまったけれどたまたまFBで知り合って「今度日曜日どこにいますか?」「あ、近くですね」「じゃぁ」ということでお会いしてきました。もう一ヶ月くらい前のこと、思い倦ねて投稿できずにいましたが。

山田証さんのFacebookはこちら

最初にメッセージを送った時に「音楽家として副業せずに、暮らしているのか」と聞いてみた。
話を聞くと、音楽家、というより、表現者として、ギターを選んだ、ということ。

いろんな話を聞きながら、証さんは小さい時から自分に素直に、素直に、生きて来たんだなぁとおもう。
つきつめて、つきつめて、ただ自分らしい自分を応援して、考えて、勉強して、学んで、気づいて、行動して。

その繰り返しで、全国で「森のうた」の輪が広がっている。

ーーー

劇場の中で自分の仕事をすればよかった韓国時代と比べて、日本ではプロデュースから自分でやらないといけない。人にどう見せるか。「それは、自分がお金を払ってもみたいとおもえる、行きたいと思える舞台か」をよくよく吟味する。

そして自分が求めている報酬をはっきり明示する。旗を立ててみて、その結果をみて、また修正していく。
とにかく今、フラグを立てよう。というお話でした。

「コレ」というものをもっている人は、やっている人は、どこか不思議な魅力をもっている。
おとのねさん、そろそろ始めないと、そのうち、死んじゃうからね!

オトノネひろげるシェアぼたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。