子どもの自閉症と日本の療育

コミュニケーションがとれないの代名詞になっている自閉症。
日本でどれだけ知られているだろうか。
多かれ少なかれ誰もがこういった傾向を持っている。
自閉症と呼ばれている人たちは、誰もが持っているこの傾向が、全体のバランスからはみ出てしまっているわけだ。

本を読んでいて
「徹底的な関わり合い(intensive interaction)」
「関わり合い指導(interactive teaching)」というコトバに出会った。

『自閉症の子どもたち』(p. 206)

探してみるとyoutubeにもでていた。
私はその音楽性、演劇性、人間性に目を向ける。オトナが何をしているのかもわかる。
このブログをみてくれているあなたにもわかるだろう。
サイコドラマ、共感、遊び、どんなコトバをつかっても、説明ができても、これを実践して、試みて、関わり合いをもてる専門家は日本のどこにいる?
と私なら思ってしまう。

「患者がでている!プライバシーは大丈夫なのか??」と驚いた人がいるかもしれない。
日本で自閉症の学術研究が遅れている、治療法の確立が遅れているのは、こうした閉鎖性が影響しているかもしれないと、つねづね思ってしまう。

今、療育というものが広まっている。しかし療育の専門家はほとんどいない。(と僕はおもうのだがどうだろうか。教育機関がないのだから)
発達支援が叫ばれる中、発達支援を本当に「学んだ」人がどれだけいるか。
「経験者」がやさしく接するだけになっていないだろうか。
「絵を使ってコミュニケーション」「ほめる」といった情報しか、療育の現場には伝わっていないのではないか。
日本で自閉症、発達障害をもつ人との関わり合いを知る人は少ない。
インターネットで「日本語」を使って検索しても、本当のことを話してくれる人は少ない。
話すだけでなく、実際にそれができる人はもっと少ないだろう
海外にいけば、自閉症児のためだけにつくられた学校もあるくらいだ。(日本にもあるだろうか?)

ーーーーーー

こちらは

富山市の個別×子別指導学習塾オトノネ堀川教室

の宣伝です!クリックするとHPがでてきます( ˶˙ᵕ˙˶ )

富山市の個別指導塾オトノネ堀川教室

ーーーーーー

TEDでは、いろいろな人達が世界にはいることを日本人にも伝えてくれている。
日本語で聴けます

いつでも道は開かれている。誰にでも開かれた道があると私はおもっている。
芸術だ。私が知っている人で、芸術の力をすべての人に開こうとしているのが川手鷹彦氏。

私はひとりひとりが自分の意識を持って、ユニークな方法で力をだし、社会にそそいでいくことだけが、ひとりひとりを幸せにするのだと信じている。

「英語勉強してどうなるの?」という人がいる。
あなたはある意味で、正しい。日本の中にある情報で満足するのであれば、英語など、習う必要がないのだと私はおもっている。
モット知りたい、興味がある、好奇心、創造力。本当はこっちのほうが、大切なのだ。

その他
option method

Gentle teaching

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク1)

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク2)

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導otonone-オトノネ-(リンク3)

暗記をせずに難関大学に合格したい人のための個別指導学習塾otonone-オトノネ-(リンク4)

富山県高岡市の家庭教師おとのねさんは登校拒否、不登校、成績不振で困っている小学生・中学生・高校生に向き合います。(リンク5)

保育士試験に合格するための筆記、実技、過去問の使い方、勉強法を教えます。(リンク6)

オトノネひろげるシェアぼたん
READ  河野亮仙センセイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。