アウシュビッツは自由・平等・平和の象徴か。

私は自由も平和も平等もこの世界にはないと思っている。
それらの言葉を掲げることが西欧文化と折り合いをつけるために都合が良かっただけで、日本は明治以降にとってつけた漢字でハイカラをしているだけのようにも思える。ハイカラという言葉も、死語になっただろうか。

私たちは自由か。自由とはなんなのか。そんなことを話してもおもしろくなさそうだ。
「自分を自由にしているか、相手を自由にしているか」の方がおもしろい話ができそうだ。
政治経済、現代社会で憲法や法律をならう。なぜ法律が必要か。世の中に出ると、他人は人を酷使してくる、都合のいいようにする、傷つけてくる。そうした攻撃から、自分を守るためだ。

私たちの国は平和ではない。犯罪の報道、事故の報道ばかりする国がどこにあるだろう?人の不安を掻き立て、いろいろな製品を売りたいのだ。不安は人を動かす。

私たちは平等でない。
平等という名の下に、自由を失う。平等という名の下に、平和を失う。そういう状況に出会ったことはないだろうか。
もう日本人は、抽象語、二字熟語をほとんど、使用できていない。

私にとって学校は、不自由であり、不平等であり、平和ではなかった。
そもそも自由・平等・平和ということばが曖昧なのに、どうしてこれ以上話をすることができるだろうか?

私ならとりあえず、平等であるとは言い悪いで評価判断しないこと。自由とは自分に積極的責任をもつこと。平和とは、自分の心と体のバランスに気をつけること、と言い換えておこうか。
どうすれば、オトナが、言葉を教えずに、コドモは言葉を覚えることができるだろう。学校は引きこもりだ。文部科学省というモンスターペアレンツに怯える、ブラック企業だ。その中で笑顔で作業しているコドモたちは、どこかアウシュビッツを生き抜く人々のように、たくましく思える。彼らは、彼女らは、自由であり、平和であり、平等であろうとしているのだから。

アウシュビッツで生き残った人の言葉のチカラ

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導塾otonone-オトノネ-

暗記をせずに難関大学に合格したい人のための個別指導学習塾otonone-オトノネ-

富山県高岡市の家庭教師おとのねさんは登校拒否、不登校、成績不振で困っている小学生・中学生・高校生に向き合います。

保育士試験に合格するための筆記、実技、過去問の使い方、勉強法を教えます。

富山県高岡市の音楽教室otononeでピアノとギターとグンデルを習いませんか?

オトノネひろげるシェアぼたん
READ  「自己内対話」のメタスキルを伝える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。