教科書では学べない数学的思考: 「ウーン!」と「アハ!」から学ぶ

教科書では学べない数学的思考: 「ウーン!」と「アハ!」から学ぶ

数学的思考、というが、どれもうさんくさいというか、よくわからないものが多かった中で、これは本当に「なるほど」と合点がいった。


こちらの動画では数学教育について、そして〈数学的思考〉について取り組んだポリアの話が聞けます。

解法を覚えるだけでは算数。そろばんの弾き方を覚えるのと同じになってしまわないか。数学をするなら、ちゃんと数学をする。これははっきり別物だと思えた。言われたことを覚える作業が数学なのではない。

考える時間は人それぞれ。それを待ちながら学びを個別化することで見えてくる世界がある。もしかしたら、日本の子育てで必要なことは、いかに「自分自身の学びを、主体的に、自律的に、個別化していくか」であるのかもしれない。みんな同じテスト、一斉授業、管理された時間のなかで、いかに自分を守っていくか。

僕自身が、今、自分をどうしたらいいか、悩みながら、一歩、一歩、踏み出そうとしている。そんな個別化された、孤独な一歩を見守ってくれる支えてくれる人と出会えたなら、しあわせだ。

オトノネひろげるシェアぼたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。