『忘れる技術』岡野 憲一郎

『忘れる技術』岡野 憲一郎
忘れる技術

不安になったら振り向いて安心してまた探索を始めるとか、お母さんから安心をもらって内在化するといった言葉がよくわからなかった。

それは、意識しなく打てもキーボードが叩けるようになる、意識しなくても歩けるようになるのと同じように、記憶の中に、仕組みができるということだ、とわかった。(そんなことは書いてないが、それで説明できるからよし)

例えばキーボード。
「う」を打ちたい。
「う」ってどこだっけ?
ああこれこれ、どの指で押そうか?
人差し指にしよう。
押す。
を、

「う」を打ちたい。押す。
に省略できる。
間の記憶は、もう意識せずに、体が覚えていてくれる。

例えばお母さんからの安心。
嫌なことがあった。
不安になつた。
お母さんに離してみた。
眼差しをくれる。聞いてくれる。言葉をかけてくれる。
大丈夫だと思える。
を、

嫌なことがあった。けど大丈夫だと思える。
に短縮すること。
手続きを、省略できること。
無意識の中で、シミュレートしてしまうこと?

意識しているときは新皮質、無意識に落とされた部分は辺縁系で処理されるという。
お守りは、辺縁系にあるわけだ。

脳の中に、記憶に、しかるべき居場所をつくること。

これが忘れるということらしい。
決して消えるわけではない。もしかしたら、深く、刻まれるといっていいかもしれない。
ただその記憶に(怒りや悲しみに)居場所が与えられるということ。

========

次の話題。

記憶には「頭の記憶」と「体の記憶」がある。
「体の記憶」は感情に関するもの。怖い、うれしい、ほがらか、悲しい、たのしい、そう感覚になるとき、身体はしらずと反応しています。動向が開いたり、汗がでたり、筋肉がほぐれたり、ひきつったり。
一方の「頭の記憶」はいつどこでなにが起こったか。どこになにがあったとか、どんな風景だったかとか、どんなことを話したとか、「体の記憶」にはならなかった記憶、情報だといえばわかりやすいでしょうか。
ちなみに「体の記憶」は扁桃核、「頭の記憶」は海馬で処理されるそうです。
扁桃体は好き嫌い、快不快を判断する場所ですね。

で、「体の記憶」と「頭の記憶」が一緒にならないで、どちらかになってしまうと、忘れられない記憶になってしまうという話。

え!!????

忘れられない記憶は、扁桃核と海馬の強調が崩れたとき、だと書かれています。

え!!!!????

ーーーー

感動した出来事はよく記憶に残ります。(感情を伴って学ばないと、すぐ忘れる。暗記が不毛だという話)
それは扁桃体が強く反応する出来事に対して、扁桃体が海馬に「ちょっとこれ、大切だから覚えておいてよ!」と信号を送るそうです。

が!!!!!!

扁桃体があまりに強く反応してしまう場合、
あまりにも感情が揺れ動いた場合、海馬は、止まってしまう。

らしいのです。

信号が強すぎて、神経回路が壊れてしまうイメージでしょうか。

最後にこの本では忘れる技術が11くらい書かれている。
怒りは殴ると治るとか。
水を浴びると治るとか。
薬を飲むとか。
思考停止術を使うとか。
相手について知るとか。
話すとか。

これはひとつ、いいなぁとおもったのは、
与える人生を歩むこと。
何かを欲するのではなく、与えてみること。

あともう一つ。

訴えなくても、指摘はするべき。

法雨的手段に訴えるほど深刻な状況でなくても、相手から被った被害や不当さをなんらかの形で告発したくなる場面は、日常にいくらでもあります。たとえば職場で、皆の前で上司は軽い気持ちでも、受ける側にとってはかなりつらいものです。もしそれが限度を超えて、我慢できないときは、それをはっきりと相手に指摘するのも一つの方法です。

例えば某右舷を吐かれたら、「私がいたらなかったことは申し訳なく思っていますが、今の言い方はひじょうに不適切だと思います。その気持ちだけはお伝えしておきます」というのです。たとえ言っても、何も具体的に変わらないかもしれません。

しかしそれをはっきり言ったということで、あなたの気持ちはかなりしずまるでしょうし、上司への恨み、憎しみが忘れられないという悶々とした状態からは脱出できます。

これをしたら、あとで仕返しをされるのではないか、という不安が先立つとおもう。
日本ではいじめなど日常の一部だし、上司部下の関係ははっきり言って暴力の関係で成り立っているようなもの。

日本なら、影で愚痴ることで解消する文化があるかもしれない。
それだけ日本の歴史は暴力で支配されてきたということだろう。

ーーー

経済行動学の何かの本で、「しっぺがえし作戦」が有効だという話がある。
要するに、最初は「協調」する。相手が「裏切」ったらこちらも「裏切」る相手が「協調」したら、こちらも「協調」するというもの。

舐められない、きちんと威嚇する。
そういう姿勢が、ゲームの中では、有効だという。
現実の世界は、、、、どうなのだろう。

先にやったもん勝ち、というのが、一つの答えとして返ってくる。

「仕返し」はチームワークに有効とは言えない 「フリーライダー」を更生させる戦略はある?

これが競争(ビジネス)の原理である。
子育ての原理ではない。

オトノネひろげるシェアぼたん
READ  森のシンガーソングライター山田証さんと出会う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。