オトノネなお母さんと衣食の話。

お母さんの悩み

最近オトノネは衣食住にこだわっている。

そこでオトノネのお母さんと話しながら、、、

ぬか床を作り始めたり、食材を見直したりしているとのこと。

ぬか床は微生物の住処。
野菜、食べられない場所はない。漬けたら全部、微生物が仕事をしてくれて、僕らが食べられるようにしてくれる。

そのオトノネのお母さんは一汁一菜を調べ直した。

仙人は衣食住にこだわるらしい。
いろいろな話をした。

バリ島から持ってきた生地の素材が何か判別してもらいたくてみてもらったら・・・・
繊維が何か、表示が買いて居ないので判別しないといけないのだけど・・

オトノネなお母さんにはポリエステルしかわからず、オトノネのお母さんのお母さんと一緒に判別をしてくれたそうだ。
いろんな服を作ってきたオトノネのお母さんのお母さんでも、判別が難しかったみたいだ。

「いい見立てだね」といってくれた。
生地をライトで照らしたり・・・いろんな話をオトノネのお母さんとお母さんのお母さんはしたという。

学校の宿題よりも難しい笑

食べ物も生地も、本当にいいもの、本物を、ありのままの「命」を感じようとしたら、途方もなく深い。

オトノネひろげるシェアぼたん
READ  「怪獣」は、悪か。善か。子どもの「問題行動」とは?

コメント

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube
タイトルとURLをコピーしました