おとのねさんの人となりと言葉について

おとのねさんはいろんな言葉を使う。

カウンセリングっぽいとき
「教える」とき
ブログかくとき
買い物するとき
面談のとき
だれか一人だけいるとき
複数いるとき
おなかすいているとき
ねむたいとき
子どもと遊んでいるとき
youtubeの動画にコメントするとき
Facebookに投稿するとき
「いいお母さん」を演じているお母さんと話すとき
心を開いている人と話すとき
(面談の時、一瞬、怖いイメージをもった、という人がいる。多分僕が瞬間的に「どんな言葉をつかったらいいんだろうかな」と考えていて真顔になっていたのかもしれない笑物腰、言葉遣い、表情、素ぶり、ひとつひとつが僕が言葉を選ぶ要素になる。頭おかしくなる。)

誰に話すか、どんな状況で話すか、そういう条件がひとつ違えば、雰囲気も変わる。(変わらない人もいるだろうが)
(このブログは僕のメモがわりに書いているものであって、決して読みやすく書いてはいない。多少は、配慮しているが笑)

場所が違えば文化も違う。
僕はそこになんとなく合わせているのか、変わってしまう。

たとえば、ウラとオモテで、オトノネの雰囲気は変わったとおもう。(問い合わせのおフォームとかないからね!ウラだからね!屋根裏部屋!)

どちらもオトノネです。
どれもぜんぶ、おとのねさんです。

よ!

人間だもの

オトノネひろげるシェアぼたん
READ  富山市にできる《放課後の学校》オトノネの適正価格を考える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。