上場企業の保護者に聞いた。旧帝大でなかったら、東京の私立へ行った方がいい話。

上場企業(いわゆるいい会社)に勤めている保護者の方と話す機会があり、大学の名前が社会に出てから何に影響するのか聞いてみた。

結論は「入社してから大学の名前は関係ないが、入社する時に大学の名前は大いに関係する」ということ。そこに働いているのは「合理性」だ。

つまるところ、いい会社はいい人材を求める。いい人材を探そうとしたら、、、ランクの高い大学から探すのと、ランクの低い大学から探すのと、どちらが合理的、効率的か。人事の人の数も、時間も限られている。だから、「給料の高い会社」はランクの高い大学にだけ求人情報を出す。(今、ネット社会で誰でも応募できるようになっているかもしれないが、選考の段階でランクの高い大学から人を選ぶようにしているのだろう)

なるほど合理的だ。

で、「ランクの高い大学」とは何か。という話だ。地方国立は含まれるのか?私立ならどこからが許容範囲なのか?

旧帝大、東大京大はいいとしよう。慶應早稲田もいいとしよう。その保護者の方の話では「法政・明治あたりまで」だという。では、地方国立はどうか?

記事をこちらに移動しました!
上場企業の保護者に聞いた。旧帝大でなかったら、私立へ行った方がいい話。

この情報は肝心のコンテンツを有料にしました。(noteという仕組みを利用しています)。
オトノネを応援してくれる方、どうぞよろしくお願いいたします。

蛇足だが、東大が多様な人材を求めているという記事。
東大の入試で理系の数学が昔に比べて劇的に易化した理由
東大が入試に全力を注ぐのにはワケがある

オトノネひろげるシェアぼたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です