定期テスト対策の弊害【自己改革・心理学系セミナー編】

よく「セミナー」で「マインドセット!」とか「ポジティブ!」とかいうのがある。そういった講演会が、学校でも行われているらしい。僕が聞いた話は、金沢で、だが。

それで生徒の何が変わるだろう。ビッグファイブで学んだ言葉を使えば、神経質傾向の人が楽観的になるスキーマを作り直すことだ(そんな大変なことをセミナーはやろうとしている?いやいや)。モチベーションを高くするとは、外向性を高めるということだ。それがたった一回の「セミナー」で変わることはないだろう。そうして「定期テスト対策」的にポジティブな言葉を喋るようにと完璧主義、誠実性の高い人が習慣を変えようとしたらどうなるか。今現に、課題に疲れ果てている、家庭が不安定で神経レベルで回路が出来上がってしまっている子どもの心に届くだろうか。「夢をもて!目標を高く!」という。その目標が、自己理解に基づいたものなのか。競争に駆り立てられて、設定させられたものなのか(難関大学の名前を口にする高校生によくあるパタンだ)。セミナーは心の弱い人を引き込むキャンペーンだ。「変わりたい」人に「変われる」夢を与えてお金をもらう。言葉で、身振りで、感情に訴えかけ、元気をもらう。それでお金をもらう。もちろんそれで人生が変わる子もいるだろう。一部には(将来、セミナーで大金をはたいてしまう子になるかもしれないから注意)。

けれど、今本当に多くの子どもたちが悩んでいるのは、神経質傾向だとおもう。ポジティブになれないのだ。神経質傾向の子どもに「ポジティブになろうぜ!」といったら、ポジティブでない自分に余計な劣等感を抱くかもしれない。そういう危うさを大人は判っていて、ポジティブな人を学校に呼んでいるのだろうか。学校で子どもたちは「選択できない」危うさと隣り合わせだ。

ーーーーー

オトノネのお母さんからこんな話をきいた。
夜公園を歩いていると、向こうから、親子が歩いてくる。
子どもは小学生くらいだ。
疲れた・・・という子ども。
それに親は「あ!ネガティブな言葉はダメだっていったのに!」と怒鳴りつける。

どうしようもない。
それが定期テスト対策。
マニュアル型学習。

心が大事。

コーチングにしても、マインドセットにしても、セルフコントロールにしても、言葉をメモしてその通りに「作業」することで変わるくらい簡単な心なら、もう誰もがしあわせになっているはずだ。
大切なことなら、「作業」はもうやめよう。

それはそろばん、ピアノの練習から始まったかもしれない。
それは学校の宿題から始まったかもしれない。

大切なことなら、心を大事にしてほしい。

僕らはあまりにも、現代の機械文明に慣れすぎた。
スイッチを押したらなんか変わるとおもっているかもしれない。

人間は生き物だ。
人間は動物だ。
人間は命だ。

人間は、機械のように、そう簡単にカスタマイズできない。

ーーーーーー

子供達は、一発限りのイベント、瞬間的なきっかけではなく、持続的な学びの環境を求めている。と、僕はおもう。一時的な祭りではなく、日々そこから学び取れる、経験をつみながら成長できる環境だ。学校の先生が変わらないで、どうして生徒だけ変えようとするのか。大人は大人であれ。子どもは子どもであれ。大人も子どもも、定期テスト対策はもうやめようよ。定期テスト対策がお金になるのは知っているけどさ。それは子育てじゃないよ。お金儲けだよ。

日本国民は、市民としてみられていない。なぜなら、納税の義務を負わされた労働者であって、権利を持った市民として、自由を使っていないから。自由を使うための学びをしていないから。もちろん学校は子どもを義務を負った労働者として育てる。それは悪いことではない。家庭が、権利と自由、個人の尊重を教えているならば。学校を批判するとき、同時に家庭を省みたらいい。家庭を顧みるとはなにか。家庭の中で、権利と自由、個人が尊重されているかどうかである。それはつまり、親が、子供の権利と自由、個人としての尊厳を守っているかどうかなのだ。「個人」とはなにか。「個人」は文化的なものだ。近代が作り上げた人間だ。日本の遺伝子・伝統に逆らって「個人」を重んじるなら、そのように子育てをしないといけない。もしそれを、望むなら。「個人」とはどのようにしてできるのか。それは、自己認識をもった人間であり、自分の命、自由や選択に対して責任をもつ人間のことでもある。自分が選択する、自分が決定する、自分が感じたことを表現する、そういうあたりまえのことができない学校から離れて、親が凛として子どもを育てること。そのために、親は社会的な資源を、仲間を、子育てのために準備(もしくは子育てしながらつくりあげていく)することが大切だ。日本の子育てシステムは壊れている。その壊れたシステムを正しく「自然」にもどす手がかりを、オトノネは大切にしたいとおもう。

オトノネひろげるシェアぼたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。