進学校で苦しんでいる高校生の代弁をさせてください。


目次


      
  • 1.データを分析したきっかけ(進学高校の偏差値の裏で泣いている生徒の話)

  • 2.石川県立高校の大学合格実績の分析結果と解釈(課題をしても「大丈夫」じゃない高校生の割合)

  • 3.東京都立の進学校と比較する(進学校の生徒の5割以上が中堅大学に行くのは「ふつう」なのか)

  • 4.公立高校入試問題を東京都と比較する(石川県立高校入学時に課題に追いつけない生徒がいるのはどうしてか)

  • 5.私から伝えたいこと(保護者の方へ、中学生と高校生たちへ)

学校に置いてきぼりにされた高校生と勉強してきました。

私の実体験

金沢市の大手フランチャイズの塾で働いていたときのことです。 泉丘高校の生徒がやって来ました。名古屋大学を目指している高校生です。
成績が伸びず、けど難関大を目指してやってきました。
学校で3年間課題をこなし続け、テストに挑み続け、成績が伸びず、
それでも名古屋大学に行きたいからと、受験科目の全てに、必死に取り組んでいました。
その時の不安そうな表情を今でも覚えています。
高校3年生になって「違っていた」ことに気がついて塾に来ていました。
錦丘高校の生徒も来ていました。
ボロボロになって、やって来ます。
目標はある。高い目標だ。けど学校で長文ばかり読んでいて英語ができない。
行きたい大学に行くんだという気持ちと、目の前にある課題のギャップに苦しんでいました。 どうして大切な学びの場所で、学校で、こんなにも辛そうな高校生がいるのでしょうか。
私はずっと悲しく、塾での指導に熱をだしていました。

泉丘高校でも学校のやり方で成果がでる(難関大学にいける)のは(3割の浪人生を含めた)4割。二水、錦丘、桜丘高校では1割。

金沢市の進学高校の合格実績を分析しました。
どれだけの生徒が難関大学に行けないのか、客観的な数値で知りたかったからです。
私の前で苦しんでいた生徒は「例外」なのかそれとも「進学高校によくいる」高校生なのか。
本当のことを知りたかったので調べました。

数値の出し方、仮定が知りたい詳しく知りたい方はyoutubeでみてください。
(「難関大学」の定義の妥当性の検討から始めています。)
この分析結果から何が読み取れるでしょうか。

「すごい、泉丘高校はたくさん難関大学に合格している!」とおもうでしょうか
「あれ?二水や錦丘、桜丘では難関大学に合格していないんだ」とおもうでしょうか
私は「泣いている子の代弁をする」という立場で解釈してみます。
進学高校の生徒全員が難関大学を目指した授業を受け、課題を与えられている。
ということが前提になります。(もちろん、全員が難関大学を目指しているわけではないですね)

結果:泉丘高校の3割の生徒と錦丘高校、桜丘高校の4割の生徒は大学受験時に同じ結果を出す。
解釈:難関大学を目指す指導をしている泉丘高校で置いてきぼりにされ生徒は少なくともは3割いる。

結果:二水高校、錦丘高校、桜丘高校で難関大学に合格する人は1割以下。
解釈:難関大学を目指した指導について行けない二水高校、錦丘高校、桜丘高校の生徒が9割いる
注釈1:桜丘高校の「中堅大学合格率」は金沢ナンバー1であり、難関大学に行かせるような課題、無理な指導をしていない可能性がある。
注釈2:二水高校、錦丘高校はそもそも難関大学を全員で目指しているわけではなさそうだ。(前提が間違っている)
結果:泉丘高校では3割が浪人しており、現役生だけの合格実績はもっと低いと考えられる(非公開)
解釈:学校の課題だけで、3年間では難関大学にいけない。

金沢市の高校は「国公立指向」があるため、「その他」に含まれる生徒は、国公立の試験科目の多さにも耐えられなかった生徒だと憶測することができます。
だとすれば、金沢泉丘高校ですら、6割の生徒が課題・小テストを3年間やり続けて成果が出なかったのだと、私は思っています。
「伸び悩み苦しんでいる生徒は泉丘高校ですら6割いる」これが高校生を代弁する立場からの私のデータの見方です。
それでも、もちろん、満足いく高校生活を過ごして、それぞれの進路に向かっていっている生徒も、たくさんいるとおもいます。
ただ、進学校だからといって、偏差値が高い高校だからといって、大学受験でも同じようにいくとは限らない、ということがわかりました。

進学高校だから、仕方ない?

泉丘高校はトップクラスの進学校だし、ついて行けない生徒がいても仕方がないよ。
という人がいるかもしれません。
進学高校は、全国どこでも同じような結果がでるのでしょうか。

そこで東京の進学高校の合格実績を調べてみました。
なるべく条件を揃えるため、私立ではなく公立高校を選びました。
結果は、まるで違っていました。
東京の進学高校では中堅大学に行く生徒と難関大学に行く生徒の割合に差が出ます。

東京の進学高校と比べるのはなぜでしょうか。
石川県の進学高校の合格実績を俯瞰し、相対化するためです。
今まで多くの人が進学高校の「できる生徒」だけに目を当ててきたと思います。
今私は東京都の進学公立高校と比較して、金沢市の進学高校(泉丘)の「できない」で困っている生徒に光を当てています。

「本当に半分の生徒が中堅大学にしか行けない学校を進学校と呼んでいいのか」
私は疑問でした。
進学校だからと夢を見て「学校で与えられたものをやれば、大丈夫だ」と言われて大丈夫じゃなかった生徒が
半分いる学校を、進学校と呼べるのかという問いへの答えです。

東京都と石川県を比較する際にいくつか注意点があります。
東京都の進学高校は「その他」が多いですね。ここにはおそらく難関私立大学が入ります。
東京では「国公立指向」というものが石川県ほど強くないためです。
また東京都の進学高校では多くの生徒が「首都大学東京」に行きます。
この大学は、ギリギリ難関大学の定義に入れなかった、準難関大学です。
その数値を入れたら、この差はもっと広がります

なぜこんなに差ができるのか。

高校入試問題を分析しました。

石川県と東京都の公立高校入試問題を見比べました。
石川県内と都内トップの公立高校の違いは高校入学時からあると思ったからです。
違いは歴然でした。

問題の難易度、質的な違いが知りたい方はyoutubeの解説をみてください。
ここで説明することは形式的な違いですが、これだけでもわかることがあります。
結果を見て見ましょう。

石川県の県立高校入試の問題数は東京都よりも(とても)多い。
石川県の県立高校入試の問題ページ数は東京都よりも(とても)多い。

つまり「石川県は一問一答型、覚えていたら答えられる問題を出す」ということです。
「暗記をして入れば答えられる問題を出す」ということです。
一方で東京都はたくさんの情報、仮定、データの中から必要なものを抜き出して答える問題を出します。
もちろん、知っていないと解けない問題です。知っていることは前提です。


テストが難しいなら、平均点は低いだろう。と思うかもしれません。
顕著な差は見られません。

石川県と違って、東京都では私立高校を目指す生徒がたくさんいます。
もし平均点をあげるような中学生たちが公立高校の入試を受けたとしたら、
この平均点はもっと上がります。
結局、石川県と東京都では、高校入学時にすでに生徒の学習レベルには差があることがわかりました。
大学受験では東京都の高校生とも競うことになります。
東京の高校生たちと競い合う難しさが、公立高校入試問題に表れていることがわかりました。



この結果を、私は「金沢型進学高校の生徒の大半が課題をやっても難関大学に行けない」理由と結び付けたいと思います。
高校入学時に、東京都の県立高校の問題が解けるような生徒でなければ、難関大学には行けないと、私は解釈します。
金沢市のトップ校では、高校入学時にすでに難関大学にいける素地をもった生徒と素地をもっていない生徒がわかれているということです
金沢市の進学高校に入学して、まだ課題をこなす準備がない生徒、暗記学習をしてギリギリ入学した生徒が、課題の海で溺れ、小テストの嵐でもがき苦しんでるのではないかと想像できます。

私は、このデータ分析から、泣いている高校生の物語を作ったつもりです。
  高校生活、エンジョイしている高校生もたくさんいますが、あまりにも「進学校といわれる高校の生徒が、なぜ?」と印象が深かったのです。
勉強をして、勉強をして入った憧れの進学高校で、3年間、課題と小テストに耐え抜いて、高校を卒業していく高校生がいます。
私はその生徒たちの代弁をしたつもりです。

私から伝えたいこと(まとめ)

お父さんお母さん、進学高校に入って学校の課題をやり続けても成績が伸びるのは1割の生徒です(泉丘は4割)。
偏差値の高い高校に入った、特進クラスに入ったからといって難関大には合格できません。 ギリギリで進学高校に入ったら、授業にもテストにも課題にもついていけません。
進学高校に入ったことで勉強をプレッシャーに感じているかもしれません。
お子さんは課題の海で溺れて苦しんでいるのかもしれません。課題の森で迷っているのかもしれません。

中学生のみなさん、偏差値の高い高校を目指していますか?
結果を見ての通り、どこの高校にいっても、大学に入るときはほとんどみんな一緒です。
3割が浪人する泉丘高校に入っても、6割の高校生は難関大学には行きません。
無理をしてイイ高校を目指して不合格になって私立にいって塾に行くお金がなくなった生徒を知っています。
よくお父さんお母さんと相談してください。

高校生のみなさん、進学高校に入っても、上を目指しても、課題をこなしていても、難関大学に入れる生徒は1割です。(泉丘は4割)
学校やお父さんお母さんから言われて、難関大学を目指していませんか?
もし目指すなら、あなたがちゃんと、学校から自立してちゃんと勉強をしないといけません。
「課題をやっていれば大丈夫」な高校生はほんの一部です。
偏差値にこだわらず、将来に向けてどんな資格を大学で撮りたいか、どんな場所で4年間を暮らしたいか、考えてみてもいいとおもいます。
困った時は、近くにいる誰か、あなたをよく知っている誰かに相談してください。

PAGE TOP

まずはお問い合わせ下さい。
0766-24-3885
メールのお問い合わせ