泉丘と金沢大学附属と二水と錦丘と桜丘高校

otononeトップ > otonone難関大学版トップ > 高校の選び方(金沢市)> 高校の選び方(金沢市)

石川県立高校の選び方(金沢市)

県立高校を目指すなら誰でもあこがれの泉丘高校を目指すかもしれません。けど偏差値が高い、入るのが難しいと言われている高校、入った後にどうなるか知っていますか?

まずは下の表を見てください。高校が公表している資料をまとめたものです。

金沢市の高校の偏差値と進学実績


金沢泉丘高校か、金沢大学附属高校か。

難関大学に合格した人と、それ以外の中堅大学に合格した人の割合を見比べてみましょう。

見比べましたか?

泉丘高校は難関大学にはいる人数が多いですね。

見比べながら、別のことに気がつきませんでしたか?

グラフの棒の長さが、他の高校より長い!?(金大附属は短い!?)

そうです。難関大学の合格者に医学部合格者を入れるために他の高校とは違って、「3割の浪人生」を加えているから、グラフの棒が3割長くなっています。

また金沢大学附属高校は在学生が少ないため、グラフの長さが短くなっています。

どちらの高校も、6割以上の人は、難関大学に行きません(行けません)。

そう考えると、泉丘高校も金沢大学付属高校も変わりませんね。人数が少ない金沢大学附属高校の方が、先生からいろいろ学べそうです。


見方によっては

泉丘高校、金大附属高校の3割の生徒は偏差値が低い錦丘高校、二水高校の3割の生徒と同じレベルの大学(中堅大学)に行くということです。

どういうことかわかりますか?


泉丘高校や金大附属高校は難関大学を目指した授業、課題を生徒に与えます。

けどそれをやりきれずに、課題の海で溺れてしまった人が少なくとも3割いるということです。

国公立大学に行かなかった3割の「その他」の人たちの多くもきっと「ドロップアウト」していると私はおもっています。

それだけ課題・小テストをさせられ、自分でなんとかしなくては成績が伸びないということです。

偏差値の高い高校にいくということは、競争をし続けなくては行けないということです。

あなたの進路と繋がっていなかったら、とてもツライ高校3年間になってしまわないか、心配です。



二水高校か、錦丘高校か、金沢桜丘高校か。

金沢市の高校の偏差値と進学実績

無理して狙って泉丘に入っても課題と小テストの嵐で疲れ果ててしまうかもしれません。

私は、ギリギリを狙って万が一落ちて、私立に行って、塾に行くお金がなくなってしまわないか、心配しています。

結局、塾に行かないと、ほとんどの人が成績が伸びないからです。

(もちろん、塾に行ってもいい先生と出会えず成績が伸びない生徒もたくさんいます)

私個人としては、中学生と高校生が同じ場所で学べる錦丘高校の雰囲気が、とても好きです。

一貫して、長い期間をかけて生徒のチカラを育てようとしている雰囲気が、生徒に伝わっているとおもいます。


ということで、偏差値にこだわった受験よりも、別の見方をした高校受験をしてはどうでしょうか。

偏差値が高い高校がいい高校だとは限りません。3年間をすごす大切な場所です。

「なんだどの高校でも3割以上はみんな中堅大学に行くんだ」と思えば、偏差値にこだわらなくてもいいと思えるでしょうか。


桜丘高校の生徒と話したことがあります。

「うちの高校は課題が少ない方かな。錦とか二水だと多いって聞くよ」といっていました。

学校が生徒に無理をさせて課題を出さず、難関大学に行かせようと「しない」指導方針が、金沢桜丘高校が金沢No1の「中堅大学47%」の数値を出している理由だとおもいます。高校にはそれぞれ色合いがあります。

高校の先にある、あなたの夢に向かって、あなたの勉強を続けて行って欲しいと思います。


お母さん、ママの子育て悩み相談ブログ

PAGE TOP

まずはお問い合わせ下さい。
0766-24-3885
メールのお問い合わせ